こころの座標軸

著者:犬養道子著
価格:1,620円(税込)
サイズ:46判
頁数:264頁
ISBN:978-4-8292-0501-3

日常の出来事から世界情勢まで。深く鋭いまなざし、上質なユーモアで綴られる人間の本質、人生の真髄…。独特の語り口で説く問題が、迷える時代のコンパスとなる。

 

著者紹介
1921年(大正10年)東京生まれ。欧米の大学で哲学・聖書学などを学び、ヨーロッパ各国に滞在。「みどり一本」植樹運動や、「犬養基金」の創設など、アジア・アフリカ・ヨーロッパの難民支援のために精力的に活動を続けてきた。

 

目次

  • 一本のロウソク
  • 人間の座標軸―コモンセンス
  • 手術大好き
  • 自分を愛す?
  • 遊びの癒し
  • 驚きと美の“貧困地”アフリカ
  • アフリカの祈り
  • プレゼント・プレゼンス
  • オイコス・エコ・エコ
  • 緊急・スマトラ沖地震・津波 教育プログラム

 

  • 静かな警告者―レイチェル・カーソン
  • 現代に読む「創世記」
  • 六日目の私たち
  • 光る若者たち
  • 六日と七日の間―傲慢・憎しみ・殺戮・戦争
  • フムス・ハム・ヒュウ
  • ヨーロッパの“市”から
  • 生活しつつ祈りつつ
  • 和の基礎づくりどこから
  • “時”をめぐって考える