家計簿一年生です。教えてください!家計簿のこと。

『家計簿』をつけようと思っている方、『家計簿』をつけはじめた方から寄せられた質問をご紹介します。『家計簿』の質問はこちらからお送りください。家計簿110番ではお電話での質問にもお答えしています。 家計簿の質問はこちらから⇒

 

Q1 どの家計簿をつけたら良いかわかりません。それぞれの特色が知りたいです。

家計簿の種類は4種類あります。

  1. 『羽仁もと子案家計簿』 毎日の支出が費目ごとに記帳できるのが特長です。立てた予算から使った額を差し引くので、各費目と今日までの予算残高がわかります。
    ムダや使いすぎがハッキリ見える家計簿です。1日の支出は『家計当座帳』に記帳するとその日、何にどれだけお金を使ったかがわかります。
    初めて家計簿をつける時には予算が立たない場合もあるかもしれません。まずは支出を記帳して、ご自分の支出の傾向を見てみましょう。
  2. 『高年生活の家計簿』 考え方は『羽仁もと子案家計簿』と同じです。年金生活者、シニア世代向けです。教育費の欄がなく、保健衛生費のページは記入欄を増やしています。
  3. 『予算生活の家計簿』は食費の中でも副食物費のページに特長があります。素材別に支出を記入するので、バランスの良い食事の準備が意識できます。
  4. 『生活家計簿3.0(Windows版)』はパソコン用のソフトです。1日の支出を『家計当座帳』に記帳するように入力すると、自動的に各費目に転記されます。月の途中でも支出の合計が見られます。ホームページから試用版をダウンロードできます。

 

ある日のお買いもの 副食物費の記帳の仕方
4月5日 スーパーで、卵、いちご、じゃがいも、しそを購入しました。

 

『羽仁もと子案家計簿』・『高年生活の家計簿』の場合

『家計当座帳』に記帳して一日の支出を出し、『家計簿』の費目のページに転記します。

  1. 家計当座帳に記入します。費目は副食物費(フ)と書く。
  2. 家計簿の副食物費4月5日欄に合計を記入し、予算から引きます。

 

 

『予算生活の家計簿』の場合
家計当座帳の「現金の収支」の頁があるので、1冊で大丈夫です。支出を直接費目のページに記入します。

  1. じゃがいも、しそは野菜欄、卵は卵欄、いちごは果物欄に記入します。合計をして
  2. 次ページ「副食物費」予算から差し引きます。

 

 

 

Q2 毎日の支出はノートに記録しているけれど、このままのやり方でよいか不安です。

『羽仁もと子案家計簿』は、純生活費が12の費目に分かれています。支出を毎日書き出すだけではなく、費目ごとに支出合計を出すことで、ひと月に何にどれくらい、合計でどれくらいつかったかがわかるようになります。

12の項目:1.食費(副食物費・主食費・調味料費) 2.光熱費 3.住居・家具費 4.衣服費 5.教育費 6.交際費 7.教養費 8.娯楽費 9.保健・衛生費 10.職業費 11.特別費 12.公共費

 

 

 

Q3 費目分けに困ったときはどうすれば良いでしょう?

費目分けに困って、記帳が滞ってしまうことがないように。
4種類の家計簿についている付録「すぐわかる 予算生活のガイド」には費目の内訳の一覧表と50音順費目索引がついています。こちらを参考になさってください。

  

 

 

 

 

Q4 手元の現金と当座帳の残高が500円合いません。どうしても思い出せない支出があったときはどうすれば良いでしょうか?

不明金として特別費に記帳し、現金の収支を合わせておきましょう。あとで思い出したら、正しく記帳し直します。レシートのない買いものや支出は、メモをとる習慣を。

 

 

 

Q5 予想外の家電の故障や購入したいものがあったら?

本当に必要なものかを考えて、①購入する ②次年度に購入する ③購入しない、いずれかを決めます。「あってあたり前」でなくなったときが、生活を見直すチャンスです。

 

 

 


TEL:03-3971-4059(係り直通 月・水・金 10時~16時)

 

Webからのご質問はこちらからどうぞ⇒