高年生活の家計簿 2017年版

価格:810円(税込)
サイズ:A5判
頁数:168頁
ISBN:978-4-8292-0716-1

子どもの独立などで家族人数が少なくなった家庭、年金の生活に入った家庭に使いやすい家計簿です。
この家計簿の特長は、予算を生活の基礎においているので、どのような生活変化にも安心して対応できることです。
給与生活に比べ、限られた収入で暮らすことになる高年の年金生活に、この家計簿をぜひお役立て下さい。

b99713_00_2付録:すぐわかる予算生活のガイド(高年生活の家計簿用)

目次

  • 高年生活家計簿のつけ方
  • 年金生活の実例 生活が反映する家計簿
  • 年金生活の実例 日々を新しい気持でおくる
  • 「家計簿をつけ通す同盟」会員の決算から
  • 費目わけに迷ったとき 費目の内訳一覧表
  • 50音順費目索引

 

年金生活に入る家計の準備5カ条

多くの家庭は60代に年金生活に入ります。それまでの収入形態とはい一ぺんして、年金生活は家庭経済のシステムが変わります。年金の受取りは2カ月に一度になりますし、ボーナスもなくなります。支出にはどのような変化が起こるでしょう。これまでの生活と今後の生活を照らし合わせ、各費目ごとに、その増減を考えてみましょう。

 

退職を前に検討しておくこと

  1. 生活費を見直す(減らす費目、増やす費目を考えてみる)。予算を立てていなかった家庭では、年金生活、高年生活を機会に立てましょう。
  2. 収入はどれくらい見積もれるか。
  3. 年金の振込口座をつくる。
  4. 毎月の生活費と公共料金の支払い、大きな支出(固定資産税・火災保険など)の支払い口座を決める。
  5. 預金利息などの振込み先は、これまでの口座でよいか、用途によって再検討。

「第二の人生家計簿で管理」 2016年12月9日 読売新聞 くらし面シニア で紹介されました。

 


20161007_kakeibo_01_00

<第1回>来年を考える季節です。(2016/10/7更新)

<第2回>カード支払いの便利さに注意しましょう。(2016/10/11更新)

<第3回>記帳を溜めてしまうと、それっきりになって・・・(2016/10/11更新)

<第4回>「予算」とは何でしょう?「予算生活」といいますが、なんだか難しそうです…(2016/10/21更新)

<第5回>私にも、つけられるかしら(2016/11/18更新)


婦人之友社家計簿の特長とつけ方(羽仁もと子案家計簿/高年生活の家計簿)

約20分(製作2012年)


関連商品