★生活家計簿3.11★
マイナーバージョンアップのダウンロード
(無料)

修正履歴(最新は2019年09月09日)はこちらから 

Ver3.00の方は直接Ver3.05にアップデートできます。1)
Ver3.04の方は直接Ver3.06にアップデートできます。2)
Ver3.01の方(すでにVer3.02、Ver3.03にアップデートした方もバージョン情報はVer3.01となっています)は、Ver3.04にアップデートしてから、Ver3.06にアップデートしてください。3)
Ver3.05の方は、Ver3.06にアップデートできます。4) Ver3.06の修正点
Ver3.06の方は、Ver3.10にアップデートできます。5) Ver3.10の修正点
Ver3.07の方は、Ver3.08bにアップデートできます。6) Ver3.08bの修正点
Ver3.08の方は、Ver3.08bにアップデートできます。7) Ver3.08bの修正点
 
Ver3.08での一部不具合について
Ver3.08bの方は、Ver310にアップデートできます。8) Ver3.10の修正点

Ver3.09の方は、Ver310にアップデートできます。9) Ver3.10の修正点
Ver3.10の方は、Ver3.11にアップデートできます。10) Ver3.11の修正点

※現在ご使用中の生活計簿のバージョンは、メニューの「情報」→「バージョン情報」でご確認ください(説明書110頁参照)。
※アップデートによる修正点は、これまで使用されていたバージョン以降の、それぞれの修正点をお読みください。(例:Ver3.06→Ver3.10の場合、生活家計簿3.07の修正履歴、生活家計簿3.08bの追加機能、生活家計簿3.09の修正履歴、生活家計簿3.10の修正履歴)
説明書に含まれない追加機能の説明は追加機能説明のpdfファイル(B5で2枚)を印刷してください。

注意:かならず生活家計簿を終了させてから、アップデートを行ってください。
※生活家計簿を起動したままアップデートを行うと、最後に「ファイルを削除できません」と表示が出ます。
※すでにアップデートがお済みなのに、重ねてアップデートした場合は「CRCが一致しません」と表示されますが、異常ではありません。


■生活家計簿3.0をお使いの方
以下から必要なファイルをダウンロード(ご自分のパソコンのデスクトップなどに保存)して下さい。

1)マイナーバージョンアップ版(Ver3.05)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.00と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル(fsk305_0.exe)(約3MB)のダウンロード
              ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

2)マイナーバージョンアップ版(Ver3.06)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.04と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル(fsk306_4.exe)(約3.2MB)のダウンロード
              ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

3)マイナーバージョンアップ版(Ver3.04)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.01」と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル(fsk304.exe)(約760KB)のダウンロードはここから
              ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

4)マイナーバージョンアップ版(Ver3.06)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.05」と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル(fsk306.exe)(約300KB)のダウンロードはここから
              ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

5)マイナーバージョンアップ版(Ver3.10v6)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.06」と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル( fsk310v6.exe)(約2.55MB)のダウンロードはここから
              ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

6)マイナーバージョンアップ版(Ver3.08b7)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.07」と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル(fsk308b7.exe)(約780KB)のダウンロードはここから
              ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

7)マイナーバージョンアップ版(Ver3.08b8)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.08」と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル(fsk308b8.exe)(約135KB)のダウンロードはここから
              ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

8)マイナーバージョンアップ版(Ver3.10v8b)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.08b」と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル(fsk310v8b.exe)(約2.22MB)のダウンロードはここから
              ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

9)マイナーバージョンアップ版(Ver3.10v9)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.9」と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル(fsk310v9.exe)(約2.22MB)のダウンロードはここから
              ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

10)マイナーバージョンアップ版(Ver311s2)のダウンロード
生活家計簿のメニュー「情報」から「バージョン情報」を開いて、婦人之友生活家計簿 Ver3.10」と表示されている方のみご利用になれます。
 バージョンアップファイル(fsk311s2.exe)(約6.7MB)のダウンロードはここから
          ↑ダウンロードはこの行ををクリックして、保存して下さい

アップデートの手順:
ダウンロード後、入手されたファイルをダブルクリックすると、生活家計簿インストール先フォルダを確認後、「OK」をクリックすると自動的にアップデートが行われ、最後に「正常終了」と表示されます。
途中で「発行元を確認できませんでした。このソフトウエアを実行しますか?」と表示される場合は、「実行」をクリック。「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は「はい」をクリック。
アップデートが完了すると「正常終了」と表示されます。

「Windows Defender SmartScreen は認識されないアプリの起動を停止しました。このアプリを実行すると、PC に問題が起こる可能性があります。」と表示される場合は、そのまま実行して、アップデートをお進めください。
「windowsによってpcが保護された」という表示が出る場合は、Windows Defender SmartScreenの設定を変更してください。
「WindowsによってPCが保護されました」でネット検索すると対応策がさまざまに出てきますのでご参考にしてください。

アップデートが完了したら、バージョンアップファイルは不要となるので、削除してください。
注意:かならず生活家計簿を終了させて、アップデートを行ってください。

生活家計簿3.0を新規ユーザーとしてインストールされた方は、
インストール先は
「C:\婦人之友生活家計簿」フォルダ(生活家計簿3.0の初期設定)です。

←参考画面です


※ご自分の生活家計簿のインストール先フォルダを事前に確認するには、メニューの「情報」→「生活家計簿フォルダ」でご確認ください(説明書110頁)。

生活家計簿1.0または2.0を使用中のパソコンで3.0へバージョンアップされた方は、
インストール先は
「C:\Program Files\婦人之友生活家計簿」フォルダ(初期設定)です。
「インストール先の指定」ウィンドウが開いたら、「参照」ボタンをクリックして、「ディレクトリの参照」ウィンドウから「C:\」→「Program Files」→「婦人之友生活家計簿」と選択して「OK」ボタンをクリック。下図のように、インストール先の指定欄に"C:\Program Files\婦人之友生活家計簿"と表示されたら「OK」ボタンをクリックしてください。

←参考画面です


※アップデートがうまくいかない場合は、サポート宛にご連絡ください
お問い合わせメール←ここをクリック 

生活家計簿3.11の追加機能と修正履歴

1. 軽減税率に対応しました

従来の「レシート入力モード」で、外税率と軽減税率に仕分けして入力できます。
Ver3.11にマイナーバージョンアップして「外税率設定」の画面を開くと、該当税率が2段階で設定できる仕様になっています。
ご自身で正しい税率(%)を入力・設定してください。
※生活家計簿1.0、2.0は軽減税率に対応していません。

税率設定:外税率の設定があっても軽減税率の設定が0の場合に限り、当座帳を開く時に「外税率設定」で軽減税率を設定してくださいと表示されます。
「OK」ボタンをクリック後、メニューの「設定」→「外税率設定」を開いて外税率と軽減税率を設定してください。

レシート入力:レシート入力の基本的な使い方は、説明書63〜65頁をご参照ください。
Ver3.11にアップデートすると、レシート入力モードではタイトルバーに「Enter=軽減税率、Shift+Enter=消費税率」と表示されます。
レシートにある外税金額を入力後、そのままEnterキーを押せば軽減税が加算され、Shift+Enterキーを押すと消費税が加算されます。
※レシート入力中の電卓機能は軽減税率に対応しません。
※当座帳の通常入力モードでは「Shift+Enter=消費税率」のみ対応します。

2. すべての表でスクロールボタンが使用可能に
当座帳や集計画面からデータ行が上下にはみ出している場合、マウスのスクロールボタン操作により表を上下に移動させることができるようになりました。

3. 当座帳画面の「口座」選択が2桁以上の数字にも対応しました
「口座」欄左側の「口座」という文字を左クリックすると、費目選択欄の右側に小さな窓が開きます。
ここに各口座に割り当てられてる番号を入力してEnterキーを押すと、口座名やカード名が直接選ばれます。


生活家計簿3.10の追加機能と修正履歴機能説明のpdfファイルを印刷してご利用ください

1.口座帳への転記件数の上限を500件に修正

 各口座帳への転記件数の上限を200件から500件に拡張しました。
 Ver3.10にアップデートした後、生活家計簿を起動すると、初回のみ「口座簿ファイルを変換します」と表示します。
 これにより、口座帳に500件まで転記できるようになります。
 「まとめ記帳」をうながすメッセージは、転記件数が400件を超えたときに表示されるようになります。
 まとめ記帳の手順、500件を超えてしまった場合の修復手順は、説明書89頁の通りです。

2.翌年入力可能に
 年内に翌年の当座帳に入力できるようにしました。
 翌年の日付で当座帳を開く(あるいは「F4 次日」で翌年に日付を送る)と、入力できます。
 
重要:翌年の設定を変更したい場合は、あらかじめ説明書58頁の手順で設定を変更をしてから、翌年の当座帳を開くようにしてください。
 注意:翌年の設定変更をせずに翌年の当座帳に移動すると、今年の各種設定(口座名・費目名・予算など)が自動的に引き継がれます。そのまま翌年の入力を開始すると、設定を変更することはできません。(詳しくは説明書43頁「口座名設定」、47頁「費目設定・修正の仕方」をご参照ください。予算の変更はできます)

 (注意)複数年集計の集計期間に「翌年」を含めることはできません。



生活家計簿3.09の修正履歴

複数年集計の項目別推移グラフ表示において、ある費目の項目で一年間の合計がマイナスになるものがある場合、矢印キーを使って何度も再表示させると、マイナスの項目の値が増えるという症状を修正しました
また、凡例の表示上限を60に増やしました。ただし、画面の解像度が 1024*768 以上の場合です。

生活家計簿3.08bの追加機能

1.複数口座修正
  ・当座帳の複数行の口座名(または現金)を別の口座名に一括で修正できます。
 (当座帳入力の[口座]欄に「現金」で入力するつもりが「銀行口座」を選んで入力してしまった
  とき、複数のデータ行を一度に「現金」、あるいは別の「口座」に修正することができます)

操作手順は以下の通り
 (1) [Shiftキー+F8キー] を押します。
  (この時ファンクションキーの表示は「口修」となっています)

 (2) 対象範囲の最下行(あるいは最上行)をクリックしてから、カーソル上下キーで範囲を指定します。クリックする列はどの列でも構いません。

 (3) 再度、[Shiftキー+F8キー] を押します。

 (4) 口座を選択するウィンドウが開くので正しい(修正したい)口座名(あるいは現金、カード名)をクリックします。(口座数が25より多い場合はマウス右クリックで画面が切り替わります)

 (注意)[費目]が「口座から」の場合は、[口座]を「現金」以外にはできません。
      
その他にも例外に対してはガードをかけています。
 (参照:説明書70頁「当座帳」に入力したデータの扱い)

2.検索機能に「戻る」ボタンを追加
  ・検索実行後表示される一覧表に[戻る]ボタンを追加しました。

 [戻る]ボタンをクリックすると、元の検索期間に対して検索モードが継続するので、連続して
 検索する場合に便利です。
 (参照:説明書86頁「検索」=データを色々な条件で絞り込んで表示させる)

3.カード名の変更ができるように修正
 カード引落簿・カード簿・当座帳にカードデータがある場合でも、カード名を変更できます。
変更したカード名はただちにカード引落簿・カード簿に反映します。
 (参照:説明書50頁「カード設定」)

4.口座帳の件数が150件を越えた時のまとめ記帳を促すダイアログを表示
  ・「〇〇銀行の口座帳の件数が ×××件になりました……」と件数を表示するように修正しました
 (参照:説明書89頁「口座簿のまとめ記帳」)ダウンロード説明へ戻る

生活家計簿3.07の修正履歴

1.家計簿において同じ日に、まったく同じカードデータを記録した場合、カード引落簿に転記されないことがあるのを修正しました。

2.複数年集計のグラフ表示下部の西暦下2桁ラベルが2010年以降正しく表示されないのを修正しました。

 

生活家計簿3.06の修正履歴

1.口座残高一覧表を印刷したとき、印刷日付が当日になるようにしました

2.副食物費繰越の自動表示(説明書18頁)の並び順を、手書きの家計簿に準じて、左から[本日割当額][本日副食費][差引]に変更しました。

 

生活家計簿3.05の修正履歴

1.祝日が日曜日のとき、直近の平日を振替休日とする祝日法の改正に対応しました

2.祝日と祝日の間の日を休日とするように修正しました

3.秋分の日の計算方法を修正しました

4.月集計・年集計・複数年集計において合計が負の数のときに月平均などの平均に1円誤差が生じる場合があったのを修正しました

5.カード設定でカード名に特殊な文字(/など)が使えないように修正しました

6.カード引落簿の合計額がマイナスのときも正しく引き落とされるように修正しました

 

生活家計簿3.04の修正履歴(3.02、3.03の修正を含む)

1.「費目・予算設定」で、項目と内訳の予算欄でEnterキーを押したとき、確認ダイアログが出ないように修正しました。

2.新年になって費目・項目・内訳を変更した場合に、12月中にカード入力したデータが、カード引落簿上で「費目・項目・内訳」の表示が入力時と異なる症状が起きないように修正しました。

3.当座帳に99件入力してもエラーが起きないように修正しました。

4.当座帳が今年の日付のとき、過年度を検索しようとした時、過年度の費目表がただちに表示されるように修正しました。

5.検索モードに入ったまま、当座帳の日付を他年度に移行した時は、検索モードを自動終了するように修正しました。

生活家計簿3.01の修正履歴

1.「隔月奇数月」処理で、処理月が「11」月になってもエラーが出ないように修正しました。

2.「家計簿」の検索で、口座・費目(項目)を指定した場合は「口座へ」「口座から」のデータは検索しないように修正しました。

3.年集計の収支年計表の「累計」をクリックしたときに「年間平均」が表示されるように修正しました。

 

トップページへ