メールマガジン 2021年7月9日

婦人之友社の電子書籍

 

●タブレットやスマホ見ながら、料理!

本谷惠津子著『家庭料理の手ほどき帖―惠津子流料理のたねあかし―』

 

 

 

 

 

婦人之友社編『ちょっと具合のわるいときの子どものごはん』

 

 

 

 


●片付けについて、どこでも学べます。実用篇

山﨑美津江著『帰りたくなる家―家の整理は心の整理』

 

 

 

 

 

井田典子著『ガラクタのない家』

 

 

 

 


●明日への伝言や、旅先での出会いの喜びを持ち歩きませんか?

渡辺憲司著『いのりの海へ』

 

 

 

 

 

最上敏樹著『未来の余白から』

 

 

 

 


●創業者のことばを検索したい方にお勧め

雑司ヶ谷短信 羽仁吉一

 

 

 

 

 

羽仁もと子著作集 羽仁もと子 1冊ずつの購入も可

 

 

 

 


●『かぞくのじかん』の電子版を、2020年冬号からはじめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


VOL.56夏 好評発売中!

特集は「もの・コト・考え方 手放して心を軽くする」

その中から今日は「フライパン“だけ”でできるおかず」を紹介します。
子育て中のお母さんたちのごはんづくりを応援する料理家・近藤幸子さん。「手間は省ければ省けるだけいい」とキッパリ。でも、おいしさは「工夫であきらめない!」とうれしい言葉。さあ、いっしょに“フライパンおかず”を、はじめましょう。

 

その1 大きく焼く

  • キャベツたっぷり丸めないハンバーグ
    ボウルを使わない、丸めない!ハンバーグづくりの新レシピは、時間も大きく短縮。お好み焼き風の味つけは、子どもにも大人気です。
  • 鶏むね肉のピカタ
    卵で包んで焼いただけなのに、見た目もおいしさも満足の1品に。ささみや豚肉でもどうぞ。
  • カリカリ豚肉の卵とじ
    豚肉をカリッと焼いた、ごはんがすすむおかずです。長ねぎのかわりは、火の通りやすいきのこ類などで。
  • 海鮮&野菜のチヂミ
    野菜を刻んで海鮮ミックスと和えるだけ。香ばしい焼き上がりの配合です。具はお好みで。

 

その2 まほうの中火で8分蒸し
朝のうちに肉や魚に下味をつけておけば、帰宅後は肉と野菜を重ねて蒸すだけ!この方法を身につければ、ごはんづくりの負担が大きく減ります。

  • 豚こま肉+キャベツ+パプリカ
  • 鮭+玉ねぎ+小松菜
    魚の切り身も8分蒸しで、ふっくら。青菜とよく合います。
  • 牛こま肉+かぼちゃ+トマト
    根菜は火の通りを考えてうすくスライス。甘味と酸味のおいしいくみ合わせ。
  • 豚ばら肉+じゃが芋+しめじ
    じゃが芋がホクホク。今日ある材料ですぐに仕上がります。
  • 鶏もも肉+大根+にら
    うす切りの大根はやわらかく、にらもいい色に。
  • 豚ひき肉+なす+長ねぎ
    ひき肉と野菜をみそ味で。みそを入れるタイミングもきほんと同じです。

 

いかがでしたか?さっそく今日の夕飯に・・・と思った方、詳しいレシピは電子書籍で。
「季節を楽しむ家事ごよみ」のとじこみふろくがついた雑誌をご購入の方はこちらからどうぞ。

かぞくのじかんVOL.56夏

840円(税込)1冊の場合送料100円

かぞくのじかんVOL.56夏+新かぞくのそうじカード

1,280円(税込)送料300円

「新かぞくのそうじカード」とは⇒

 





メールマガジンの配信解除はこちらから メールアドレスを入力してください。