【浜とまちをつなぐ 十三浜わかめクラブ】わかめ・茎わかめ・こんぶ 春の購入のご案内・申し込み

春のお申し込みは終了しました。

 

浜と家庭の食卓をつなぐ 十三浜わかめクラブ通信 婦人之友2020年4月号より

東日本大震災から10年目となる今年4月、「婦人之友 十三浜わかめクラブ」は、独立した新組織「浜とまちをつなぐ 十三浜わかめクラブ」として、次の歩みを始めます。

 

震災直後の支援をきっかけに始まったこの活動も、読者や友の会はじめ多くの方々に支えられて、国の家庭に広まってきました。
現地の状況が変化する中で、昨年来、浜の方々のご意向をうかがいながら検討し、新組織を発足させることにしました。運営の拠点を、婦人之友社から新組織に移し、十三浜に近い仙台市内に事務所を置きます。
「震災で出会った皆さんとのつながりが今後も続くとうれしい」という浜の声、わかめや昆布をお求めくださった方々の十三浜や漁師さんへの親しみ──。これまでに育まれた信頼と交友を元に、十三浜の皆さんと協力して、新しい組織を運営します。
わかめや昆布の代金の一部は、漁協や漁師さんだけでなく、十三浜地域全体のために役立てて参ります。

■新組織■
浜とまちをつなぐ 十三浜わかめクラブ

代表・専従スタッフ 小山厚子

現地担当 佐藤のり子(十三浜)

運営協力 婦人之友社/全国友の会/自由学園


〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2-6-1 シティハウス一番町中央2階
電話:022-797-8572(平日10時~16時)
メール:wakame13@hamatomachi.org

 

 

■わかめ・茎わかめは3〜4月に収穫、湯通し塩蔵したものです。
収穫は年に1度。収穫した日に浜で湯通しから塩蔵まで行います。その後、脱水して芯抜き(葉と茎の部分を分ける)をします。水に戻すと約3倍の量に増えます。茎わかめはわかめの芯(茎)で歯応えがあり、煮物や炒め物に向きます。

 

■昆布は5月に収穫、湯通し塩蔵したものです。
収穫は年に1度。昆布の生育海域の南限に近い十三浜では、まだ葉肉が柔らかいうちに収穫します。そのため短時間で火が通ります。煮ても、油で炒めてもおいしく、おかずの材料として重宝する“海の野菜”です。

 

■お届けが6月はじめに変わります。
5月は昆布の収穫で漁師さんが忙しいことから、発送作業を今までより2週間ほど遅らせることにしました。6月はじめにお手元に届きます。

 

■価格と送料を上げさせていただきます。
送料、梱包材の消費増税などによる値上げ、新組織の独立運営などに伴い、価格と送料を変更いたします。代金の一部は十三浜のために役立てます。

 

 

取り扱いの種類と内容量について

●わかめ 200g 550円/500g 1,300円/5kg(箱入り)12,000円
●茎わかめ 200g 250円/500g 550円/5kg(箱入り)5,000円
●こんぶ 300g 350円/600g 600円/6kg(箱入り)5,000円

 

  • 5kg、6kg の箱入りは、小分けの袋を同梱します。それ以外は袋入りです。
  • 200g 袋入りのわかめ、茎わかめ、300g 入りのこんぶは、それぞれ送り先1件につき、合計2袋以上のお申し込みからお受けします。組み合わせは自由です(例:わかめ200g +こんぶ300g)

 

申し込み締め切り
2020年4月18日(土)
友の会会員のお申し込みについては、窓口の仙台友の会からご案内します。

 

お届けは6月初旬(期日・時間指定はできません)
十三浜から、6月1日(月)~7日(日)の間に届くように発送します。
*届きましたら、必ず冷蔵庫にお入れください。長期保存は冷凍がおすすめです。

 

送料
レターパック、ヤマト運輸便などでお送りします。
合計数量が800g までは 250円/合計数量が2kg までは 500円/合計数量が4kg までは 800円/合計数量がそれ以上は 1,000円

 

お支払い方法
品物が到着後、同梱の振込用紙で10日以内にお振り込みください。(振込手数料は無料)

  • 振込票をもって受領証に代えさせていただきます。
  • 取り扱いは春と秋の年2回。次回は2020年10月号でご案内し、お届けは11月の予定。

 

問い合わせ
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2-6-1 シティハウス一番町中央2階
「浜とまちをつなぐ 十三浜わかめクラブ」
電話:022-797-8572(平日10時~16時)
メール:wakame13@hamatomachi.org


お申し込みはこちらから

 

春のお申し込みは終了しました。