予算生活の家計簿 2019年版

価格:1,361円(税込)
サイズ:A5判
頁数:292頁
ISBN:978-4-8292-0863-2

予算生活の家計簿 デザインカバー付きはこちら⇒


副食物費を肉、魚、野菜、菓子類などの種類ごとに合計して記帳します。その他の費目は支払ったものを各費目欄に記入して予算から引きます。手元の現金は「現金の収支」のページ欄で管理できます。家計当座帳は使わずに家計簿の記帳ができます。

 

生活費の費目分け予算から、いくら使ったか、今月はあといくら残っているか、繰りまわしの下手なところが、手にとるように分かります。

 

付録:すぐわかる予算生活のガイド(予算生活の家計簿用)

ビニールカバー付

 

 

婦人之友社の家計簿が世代を超えて愛用されているのはなぜでしょう?

 

1. 費目ごとの支出が一目瞭然。必要な生活費がわかります。
2. 1 年を通して収入と支出の予算を立てるので、月々の変 動にあわてません。

3. 予算の残額をいつでも把握できるので、お金の使いす ぎが防げます。

4. 収支が赤字のときも対策が見えて、漠然とした不安が 解消します。

5. 必要なこと、買いたいものにお金が使えるようになり、 夢が実現します。貯金もできるようになります。

 

今から115年前、はじめて女性の手に 家計運営を奨励したのは、羽仁もと子でした。 予算生活を基礎にしたその家計簿を、 婦人之友社は現代に継承しています。 羽仁もと子案のこの家計簿には、 「生活」を問いなおす力があります。 家計簿記帳を続けると、その力が実感できます。 ぜひ、つけてみてください。 羽仁もと子(1873-1957) 明治36年に家庭之友(婦人之友の前身)を創刊。 明治37年には家計簿を創案。

 

 

収入と支出によい予算を立てておくと 記帳が楽しくなって 長くつけ続けられます。

 

予算は月ごとに、必要だと思う額を決め直したらよいと思う方もあるでしょう。けれど実際の生活では、予定外に親戚・友人にお祝い事や不幸があった時には、交際費が多く必要になります。また家族が病気になる月もあります。反対に、そのようなことが全くない月もありますから、今月の生活費に「△△円以上は使えない!使わない!」と決めては、生活が窮屈です。

 

この家計簿をつけていると、足りない月を補うゆとりが毎月の生活に生まれてきます。1年分の収入を12等分して、毎月同じ額を予算にします。 毎月その予算から余ったお金を繰り越していくと、ある月、予算以上の支出があっても、あわてずに対処できます。

 

生活費の費目分け予算から、いくら使ったか、今月はあといくら残っているか、そのつどわかる記帳をしていれば、繰りまわしの下手なところが手にとるようにわかります。この記帳を毎日続けていくと、お金の使い方が上手になります。

 

 

関連商品