高年生活の家計簿 2019年版

価格:821円(税込)
サイズ:A5判
頁数:168頁
ISBN:978-4-8292-0865-6

高年生活の家計簿 デザインカバー付きはこちら⇒


子どもの独立などで家族人数が少なくなった家庭、年金の生活に入った家庭に使いやすい薄型家計簿です。

 

この家計簿の特長は、予算を生活の基礎においているので、どのような生活変化にも安心して対応できることです。 この家計簿をぜひお役立て下さい。

 

年金生活に入る前にしておく家計の準備と、退職を前に検討しておくことをわかりやすく加えてあります。

 

付録:すぐわかる予算生活のガイド(高年生活の家計簿用)

ビニールカバー付

 

婦人之友社家計簿の特長とつけ方(羽仁もと子案家計簿/高年生活の家計簿)約20分(製作2012年)

 

 

この『高年生活の家計簿』は、子どもの独立などで家族人数が少なくなった家庭、年金の生活に入った家庭に使いやすい家計簿として生まれました。
記帳の形式は、羽仁もと子(明治6年〜昭和32年)が明治37年に創案し、以来115年の伝統をもつ『羽仁もと子案 家計簿』によっています。この『羽仁もと子案 家計簿』は長い歴史の中で、母から子へ、そして今日では孫、曾孫へと受け継がれています。
この家計簿の特長は、予算を基礎においているので、どのような生活の変化にも安心して対応できることです。
給与生活に比べ、限られた収入で暮らすことになる高年の年金生活に、この家計簿をぜひお役立て下さい。

 

年金生活に入る家計の準備5ヵ条

多くの家庭は60代で年金生活に入ります。それまでの収入形態とは一変して、家庭経済のシステムが変わります。年金の受取りは2ヵ月に1度となりますし、ご家庭によっては、預貯金を引き出しながらの生活になります。支出にはどのような変化が起こるでしょう。これまでの生活と今後の生活を照らし合わせ、各費目ごとに、その増減を考えてみましょう。

 

退職を前に検討しておくこと
1. 生活費を見直す(減らせる費目、増える費目を考えてみる)。予算を立てていなかった家庭では、年金生活、高年生活を機会に立てましょう
2. 収入はどのくらい見積もれるか
3. 1と2で収支がマイナスになる場合の対策を考える(○歳まで働く、預貯金をいくら引きだすなど)
4. 年金の振込口座、毎月の生活費と公共料金の支払い、大きな支出(固定資産税・火災保険料など)の支払い口座を決める
5. 口座を見直して、使っていないものは閉じるなど整理する。

 

関連商品