子育て応援BOOK!赤ちゃんが生まれたらすぐに役立つ3冊

 

★子育て応援BOOK!離乳食が終わったら幼児期に揃えたい5冊⇒

 

母乳と手づくり離乳食 1歳までの発達と育児

詳細⇒
岡本 暁 監修/B5判変型/144頁

ISBN:978-4-8292-0141-1

1,512円(税込)

おっぱいの飲ませ方、離乳食のすすめ方などを育児の専門家、子育ての先輩たちの経験から紹介。育児カレンダーのページでは、生まれてから1歳になるまでの赤ちゃんの発達と生活のしかたを紹介。初めての育児にまず手にしたい1冊です。

 

0歳~

 

働くお母さんの授乳(P.38-39)


おとなの食事からのとりわけ離乳食(P.74-75)


<読者の声>
母乳の与えかた、離乳食の食べさせ方のほかに、生まれてから、1歳になるまでの赤ちゃんの発達と生活の様子が書かれているので、日頃の参考にしたり、先々のことを楽しみにしながら準備するのに役立ちました。友人へのお祝いでも喜ばれ、愛用してもらっています。(乳幼児グループ会員)

 

 

歯と体の発達に合わせた 赤ちゃんと幼児のごはん 0~3歳

詳細⇒
婦人之友社編/B5判変型/88頁
ISBN:978-4-8292-0688-1

1,080円(税込)

歯の発達にあわせた食べさせ方が体と歯の成長に大きくかかわります。子どもの歯の生え方、口や舌の動かし方のどこを見たらよいのかを、多くの子どもたちの歯のケアをしてきた小児科医がイラストでわかりやすく解説します。

指導:婦人之友社 乳幼児グループ/外木徳子(小児歯科医)/若江恵利子(小児科医)/榎田二三子(保育学)/丸井浩美(管理栄養士)ほか

 

0~3歳

 

離乳食と幼児食の進め方早見表&食事目安量(P.16-17)



12 ~24カ月ごろ 手づかみ食べ期<パクパク期>(P.52-53)


<読者の声>
歯の生え始めや、乳歯がそろう頃など、段階をへて子どもの食べられるものがわかり、便利に利用しています。食べることを一緒に楽しみたいです。(乳幼児グループ会員)

 

 

赤ちゃんと子どもの健康相談 病気と事故

詳細⇒
西村昂三著/B5判変型/160頁
ISBN:978-4-8292-0142-8

1,404円(税込)

子どもの体と心の変化に注意するポイントや病気の時の対応など。困ったときにあわてないために、また、いざという時に困らないために読んでおくことをおすすめします。

 

0歳~

 

こんなときはすぐ病院へ(P.38-39)


症状からみる病気と手当 発熱(P.40-41)


家庭での事故を防ぐには(P.140-141)


<読者の声>
子どもが発熱したとき、明日まで様子を見ていて大丈夫か、今日、病院に行った方が良いのかと、心配になることが度々あり、いつもこの本を広げ、どう対応するか参考にしていました。インターネットで検索するとどの情報を信じて良いのか、かえって迷うこともあるので、「赤ちゃんと幼児の健康相談は」心強い味方です。(乳幼児グループ会員)