【2021年12月8日発売】未来の余白からⅡ

著者:最上敏樹
価格:1,540円(税込)
サイズ:四六判
頁数:240ページ
ISBN:978-4-8292-0973-8

国際法学者が綴る珠玉のエッセイ!待望の続編!

 

『未来の余白から』の刊行から3年。映画、文学、スポーツ、音楽、そして平和……。幅広い話題の中に、静かで力強いメッセージがこめられたエッセイ集第2 弾。2018年後半から2021年までの『婦人之友』連載24篇に、書き下ろし1篇を加えました。
 

著者紹介

最上敏樹(もがみとしき)
国際法学者、バーゼル大学客員教授。1950年北海道生まれ。1980年より国際基督教大学教授、同大学平和研究所所長を経て、2011~21年まで早稲田大学教授。日本平和学会会長などを歴任。『国境なき平和に』『国際立憲主義の時代』ほか著書多数。

 

目次

第1章 痛みを感じる力―2018年

  • あなたを忘れない
  • 境界をまたぐ芸術家たち
  • クリスマスのかたわらで

 

第2章 記憶の共有―2019年

  • ひとつの勇気、たゆとう過去
  • ラ・ラーメン
  • 無垢に誘いざなわれて
  • 鏡の中の鏡
  • わたしたちの貴婦人
  • アメリカの寅さん
  • 正しさの基準
  • がれきの下の理想
  • エサイの根より

第3章 いま、ここで、支え合う―2020年

  • あとに続く人々
  • 光あれ
  • 立ち去らぬ日々
  • この、感謝のとき
  • カッコウの巣を閉じて
  • かたちのない時間
  • シンシアのワルツ

 

第4章 平和をあきらめない―2021年

  • 悲しみを担う人
  • 最後の砦
  • ヒマラヤ山麓の幸せ
  • それでも地球は動く
  • 平和ならざる世界で
  • 穏やかな時間

 

あとがき

 

 

関連商品