【2020年12月1日発売予定・予約受付中】これが登美さんの“福吹く”暮らし 天然の素材と遊び心で、365日が心地いい。

著者:群言堂デザイナー・松場登美
価格:1,430円(税込)
サイズ:A5判
頁数:128ページ
ISBN:978-4-8292-0942-4

2020年12月1日発売予定


『婦人之友』で「暮らしの引きだし」を好評連載中の松場登美さんの最新刊。

 

群言堂の松場登美の、365日が心地いい

登美さんの家・他郷阿部家は、どうして「また必ず来たくなる」ほど心地いいのでしょう。天然素材でしつらえた空間には、おちゃめで美しく、出会いの物語が秘められた道具がそこここに。生活をつくり出す楽しさが溢れます。

 

著者紹介
松場 登美 (まつば とみ)
群言堂デザイナー。1949年三重県生まれ。1981年、夫のふるさと島根県大田市大森町(石見銀山)に帰郷、’98年(株)石見銀山生活文化研究所を設立し、「群言堂」で国産素材を使った着心地のよい衣料や、雑貨を全国に発信。古民家再生などで町おこしにも尽力。

 

目次より
1章 「ホッとする」天然素材の道具
2章 「ご縁があって」ここにあるもの
3章 「もったいない」を宝ものに
4章 「懐かしい」ものを今に生かす
5章 おちゃめなもの、美しいもの
6章 孫の世代まで「伝えたい」もの
● 暮らす宿・他郷阿部家にようこそ

 

 

 

手づくりの「季節の果実酒」が並ぶ。

 

大森町を自転車で走る登美さん。

 

藍染めの鍋帽子®が、今秋群言堂より発売。

 

 

 

働きやすそうな他郷阿部家の台所。

 

関連商品