明日の友244号 早春

表紙:大野八生
発売日:2020年2月5日
価格:730円(税込)

  • 定期購読 お申し込み
  • バックナンバー
  • 次号予告

■編集後記 ←243号 冬

生活特集

増やさずすっきり 衣類の整理

何10年も前の洋服を、まだ傷んでいないからとクローゼットに眠らせていませんか?整理は気力、体力が必要で、若い人の力をかりる場合もありますが、「すべて活用できる大事な服」だけになった時のすっきり感は、日々の幸せの素。あなたも取り組んでみませんか?

 

山﨑美津江さんの衣類ラクラク管理術6つのルール

『婦人之友』や『かぞくのじかん』で整理収納の知恵を伝えてきた山﨑美津江さん。自身も70代になり、夫の哲男さんと家事を分け合いながら、シンプルな家事の研究、発信を続けています。

  山﨑さんの6つのルール  

  1. 今必要なものを厳選する
  2. 似合う色・形を知る
  3. 見やすく、取り出しやすく
  4. 季節の変わり目に点検
  5. 1年着なかったら行き先を考える
  6. 自分のスタイルに自信を持って
山﨑美津江著『帰りたくなる家』好評発売中⇒

私のたんすダイエット
1年かけて大整理 1人暮らし6年め 井上マサ子さん(仮名)(栃木県・86歳)

関西の戸建てに夫婦で暮らしていた井上さん。子どもたちが関東在住ということもあり、70代後半で戸建てから栃木のマンションへ転居しました。荷物は減らして移ったのですが、もっと厳選したいと思ううちに、夫が亡くなり1人暮らしに。年々衰える体力を考えると「86歳の今しかない!」と娘と2人、月2回のペースで衣類の大整理をしました。

 

捨てない選択
リフォームで眠った服がよみがえる 力丸美佐江さん

「若い頃百貨店に勤務していたこともあり、洋服は大好き。時々整理しますが、手放せない服がありますね」と話す力丸美佐江さん。思い入れの深い服はサイズが合わなかったり、流行が変わったりしても、たんすに入ったままになりがちです。そんな「たんすの肥やし」4点を持って、隣の草加市に「ワーカーズコレクティブいと」を訪ねました。

 

対談

星空がつなぐ過去と未来

古来より和歌にも詠まれてきた星々。地球外生命との交信も話題になる現代、夜空を見上げて、あなたは何を思いますか。

  • 縣 秀彦  国立天文台准教授
    あがたひでひこ◎1961年長野県生まれ。専門は天文教育(教育学博士)。中学、高校教諭を経て現職の自然科学研究機構国立天文台准教授・天文情報センター普及室長、国際天文学連合(IAU)国際普及室長、信濃大町観光大使。著書『日本の星空ツーリズム』編著『宇宙には、だれかいますか?』ほか。
  • 松村由利子  歌人
    まつむらゆりこ◎1960年福岡県生まれ。朝日新聞、毎日新聞で記者をつとめ、2006年フリーランスに。2010年石垣島に移住。1990年、短歌結社「かりん」入会、馬場あき子に師事。著書『31文字のなかの科学』『短歌を詠む科学者たち』、歌集『大女伝説』『光のアラベスク』、訳書『エマおばあちゃん、山をいく』ほか。

 

健康特集

女性に多い「背中曲がり」(脊柱変形)

「年齢は姿勢に現れる」とも言われるように、年齢を重ねると、腰や背中が曲がって、前かがみになる人が増えてきます。とくに女性に多く見られるのが特徴です。このような「背中曲がり」は、進行すると、痛みなどの症状が出て、生活に支障が出ることも……。そんなときは、「年だから」と放っておかず、適切な診療を受けることが大切です。背中曲がりとはどんな症状なのか、その治療法や予防法をご紹介します。

竹下 克志●自治医科大学 整形外科教授
東京大学医学部卒業。米国シンシナティ大学小児病院やワシントン大学、東京大学付属病院などでの勤務を経て、2012年東京大学医学部整形外科准教授に就任。2014年より現職。専門は脊椎外科。日本整形外科学会副理事長、日本側弯症学会理事なども務める。

目次

生活特集

008 増やさずすっきり
衣類の整理

 

服の整理も心の整理

010 山﨑美津江さんの衣類ラクラク管理術 6つのルール
ルール1 今必要なものを厳選する
ルール2 似合う色・形を知る
ルール3 見やすく、取り出しやすく
ルール4 季節の変わり目に点検
ルール5 1年着なかったら行き先を考える
ルール6 自分のスタイルに自信を持って

 

もったいない、整理できない

016
027
Q&A 着ない服の行き先ほか 回答者 山﨑美津江・佐藤恵子
029 読者の工夫

 

私のたんすダイエット

018 ひとめで見渡す88着 萩原のり子さん
020 1年かけて大整理 井上マサ子さん

 

捨てない選択 

023 リフォームで眠った服がよみがえる 力丸美佐江さん

 

 

対談

038 星空がつなぐ過去と未来
縣 秀彦(国立天文台准教授)
松村由利子(歌人)

 

 

健康特集

071

女性に多い

「背中曲がり」
竹下克志 自治医科大学 整形外科教授

072 加齢に伴う「背中曲がり」とは?
074 なぜ女性に多い?
075 起こる症状
077 診断と治療
078  リハビリ&予防
080 手術
081 体験記 手術で痛みが消え、若返った

 

 

030 旅・もの・出会い
いのちを考える 沖縄戦の旅 渡辺憲司
046 今から見る夢
福岡宜子さん ペドーシスト(足矯正技師)
051 料理
骨が元気になるおかず 岩﨑啓子
061

暮らしのフラワーアレンジメント
家の中に春を 小林亮子

067 つくる
帯のリメイク 袱紗 ワーカーズ・コレクティブいと
086

いつの間に進化!?家電(15)
鼻の詰まりを楽にする道具 奈良 巧

 

082

よろず相談室
高齢の夫の株式投資 北見久美子

006 しぜんの仲間たち(12)最終回
アザラシ 小原 玲
090 Dr.イワタの老い研究(6)
嫌いな言葉「抗加齢」 岩田 誠
092

記憶の小舟(6)
このちゃんのこと 井坂洋子

094

こんな本をひらいた(17)最終回
「永遠に生きるかのように学べ」村田喜代子

096 あの歌をプレイバック!(12)
白いブランコ 本城和治
098

毎日のヨガ(36)
違うのがあたりまえ セティ秀子

 

100 頭の体操をしましょう
102 明日の友歌壇 松坂 弘選
104 明日の友俳壇 黒田杏子選
106 バックナンバーのご案内
107 明日の友アンケート
111 読者のたより
115 お知らせ
116 編集後記・次号予告
084 定期購読のおすすめ
085 家計簿サービスのお知らせ
109 新刊『老~い、どん!』反響
110 台風15号とそら豆バス 福原好喜

編集後記

「宇宙には地球と似たる星あるらしときけば愉しや長生きするも」前号歌壇の山口恒子さん95歳の歌です。 「地球外生命が見つかるかもしれない時代に」と対談で縣さん。寒さは続きますが、皆さまお元気でお過ごしください。
村田喜代子さんの書評は最終回。3年間ありがとうございました。

■明日の友編集部へのメッセージは asunotomo@fujinnotomo.co.jp へお送りください

 

今号の料理

カルシウムたっぷり!骨が元気になるおかず 岩﨑啓子
乳製品が苦手な方にも、おいしく無理なくカルシウムを摂れる料理と摂り方のコツをご紹介します。

  • 鰯のアクアパッツァ
    豪華に見えてあっという間にできてしまうアクアパッツァ。魚は白身だけでなく鯖などでもおいしくできます。
  • 鰤のカレー味噌チーズ焼き
    カレー粉の香りがアクセント。
  • 生揚げ、豚肉、青葱の海老風味炒め
    桜海老が絶妙なアクセントに。ご飯がすすみます。
  • しらすとパセリのガーリックマリネ
    いつも脇役のパセリがあとをひくおいしさに。
  • 切干大根の炒めなます
    さっぱりと、飽きのこない味。
  • 高野豆腐の薬味煮
    薬味がアクセントに。いつもと違う味つけを楽しんで。
  • 和風チャウダー
    根菜の香りが生きる、優しい味のスープです。
  • 小松菜と切干大根の納豆汁
    身体が芯から温まります。寒い朝の食卓に。
  • いちごのグラタン
    バナナ、洋梨でもおいしくできます。

 

関連商品