婦人之友2017年 4月号

表紙:網中いづる
発売日:2017年3月11日
価格:770円(税込)

  • 定期購読 お申し込み
  • バックナンバー
  • 次号予告

←2017年3月号 2017年5月号→
■2017年4月号 編集後記

生活特集

折れない心と体をつくるおとなの習慣

小さな間違いにこだわったり、すぐにクレームを口にしたり、なんだか息苦しい世の中です。春は、新たな生活を始めるとき。一人ひとりが、少しずつ他人に寛容に、しなやかなおとなであるには?あなたに合う習慣を見つけてください。

 

“しなやか”だから折れない7つの習慣

自分の生活にとっての“良い”加減を意識して、元気の源になる食事づくりは「前もって」を積み重ねてなど。家事に気を重くしない小さな工夫。
■坂井より子さん
「年を重ねてもこり固まらずに、違う意見に耳を傾けられるのが、本当の大人な気がします」そんな稲垣さんの“しなやかさ”は?
■稲垣早苗さん

 

座談会

わかめがつないだ浜とまち 震災から6年 石巻で

結城登美雄(民俗・地元学)/本谷惠津子(料理研究家)/佐藤徳義(漁師)/佐藤のり子(浜の母さん)/田鎖ひろ子(仙台友の会)

東日本大震災後、婦人之友では読者の皆さんと共に、支援をきっかけに出会った宮城県石巻市北上町十三浜の方々と交友を深めてきました。それらの日々から、このほど『三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80』が誕生。6年間をふり返りながら、私たちの食の未来について話し合いました。

漁船が行き交う大室漁港。昨年秋、漁港の復旧工事がようやく完了した。

 

シリーズ 思春期まっただなか

どう使ってる?高校生のスマホ事情

スマホについて、親子で話す大切さを考えた前号。今回、高校生に使い方を聞いてみると、自分なりに試行錯誤しているのを感じました。彼らの向き合い方を知り、ぜひ会話の糸口に。

 

目次

折れない心と体をつくる おとなの習慣

014 “前もって”を重ねて笑顔の家事 坂井より子
020 違いを受け入れると、しなやかに強くなる 稲垣早苗
024 気持ちを切りかえる「引き出し」をもつ 岡 典子
019
029
しなやかさをつくる「カラダ」「ココロ」のこと
030 「よい習慣がつく」1日5分のクセ 永谷研一
032

これはまかせて! 洗濯物を干す・たたむ 中西家の姉妹

 

034

塩田ノアさんの手しごとのある暮らし 4 手づくりおやつはシンプルに

036

エッセイ スキマの風景 4 着て寝る 平松洋子

 

 

090 座談会
わかめがつないだ浜とまち
震災から6年 石巻で
結城登美雄/本谷惠津子/佐藤徳義・のり子/田鎖ひろ子

 

 

シリーズ
思春期まっただなか

104 <中高生とスマートフォン2> どう使ってる? 高校生のスマホ事情
110 悩み相談「テキトウさって必要ですか?」(高1・男子) 回答者・あさのあつこ
112 中高生の生活ノート 調べてみよう! 時間の使い方

 

042

婦人之友創刊115年 羽田澄子/黒岩多貴子

040 羽仁もと子著作集 友の国
124 今日のいのり 「あなたがたに平和があるように」 須田 拓
114 視角 給付型奨学金制度 学びたい思いを後押し 大西 隆
118 未来の余白から ニュルンベルク600号法廷 最上敏樹
010 わたしの・すきな・もの 三月書房 福岡伸一

<暮らし>

048

料理 スペインの旬菜レシピ 丸山久美

055

気軽にできる今日のお菓子 エッグタルト 高橋武尊

154 十三浜わかめクラブ通信 わかめ・こんぶ 春の購入のご案内
058 ちょっとひとつみハーブとなっぱ 春のハーブ寄せ植え 庄野幸子
067 健康往来 口は健康の要 元開冨士雄
072 家計ルーム 20年計画で教育費のピークに備えました
083 絵本 ねこの こふじさん 文・山本和子 絵・石川えりこ

 

<読み物>

088 今日、なに着ていこう ハンカチはお洒落と心のお守りに ひびのこづえ
080 こころの深呼吸 楽しみは人それぞれ? 海原純子
128 Book 日常にひそむ闇 山良雄
130 Cinema―女と男 どうしても――愛の意志 松本侑壬子
132 小説 最終回 あしたを乗せて 東京バスガール物語 あべ美佳

 

<口絵>

007 まるいもの ぱりぱり 三井昌志
008 遊べやすずめ 中国 岡本 央

 

 

078 家計簿をつけ通す同盟 衣服費
140 生活歌集 小島ゆかり
144 生活句集 山西雅子
150 自由学園だより 高橋和也
152 友の会ニュース 富士
158 f-tomoひろば
160 バックナンバー
161 5月号予告
162 編集室日記

編集後記

座談会で訪ねた石巻市の十三浜は、激しく雪が舞うかと思えば、急に日の射す天気。高波が岩に砕ける様子に、「こういう中で、ふっくら艶やかなわかめや昆布が育つのね」と本谷さん。「十三浜わかめクラブ」の世話役をお願いしている、漁家の佐藤徳義さん・のり子さんを囲み、震災後の交友から本が生まれるまでを話し合いました。
新年度、この6年の上に、新しいスタートを。

 

■婦人之友編集部へメッセージはこちらからどうぞ(メールソフトが起動します)⇒

 

今月号のレシピ

【塩田ノアさんの手しごとのある暮らし】
キャッケレ
【スペインの旬菜レシピ】
鯛のアヒージョ風/イカと肉団子の煮こみ/蒸し春野菜のあさりソース/新じゃがいものハーブ和え/新玉ねぎのコカ
【気軽にできる今日のお菓子】
エッグタルト
【ちょっとひとつみハーブとなっぱ】
ハーブの天ぷら/ナスタチウム・クリームチーズ

関連商品