明日の友250号 早春

表紙:大野八生
発売日:2021年2月5日
価格:730円(税込)

  • 定期購読 お申し込み
  • バックナンバー
  • 次号予告

←249号 冬

生活特集

介護も人間関係も楽になる やさしさを伝える技法 ユマニチュード®

「介護がうまくいかない」と悩む人々に、ユマニチュードが、大きな変化をもたらしています。「人は、人に認められることで、その人らしくいられる」そんな哲学にもとづく技法は、とてもシンプル。相手とよい関係を結ぶための極意、学んでみませんか。

 

ユマニチュードの哲学 最期までその人らしく生きるために
本田美和子(国立病院機構東京医療センター総合内科医長、一般社団法人日本ユマニチュード学会代表理事)
高齢者医療の課題を解決したい。一人の医師の模索が、日本にユマニチュードをもたらしました。

 

「あなたは大切な存在です」と伝える 4つの柱―見る・話す・触れる・立つ
ユマニチュードでは、相手に対する自分の行動がすべて「あなたのことを大切に思っています」というメッセージとなるように、4つの基本を定めました。「見る」「話す」「触れる」「立つ」の技法です。

 

相手とよい関係を結ぶための 5つのステップ
「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つの柱を使って「あなたのことを大切に思っています」と伝えるために、いつも同じ手順「5つのステップ」を踏みます。

 

ユマニチュードを実践した 家族の驚きの声
・手をつないで信頼をとりもどした Oさん
・私が変わり、母が笑顔に Kさん

 

救急現場にもユマニチュード 認知症フレンドリーシティをめざして 福岡市
誰もが認知症になりうる超高齢社会。福岡市では「認知症フレンドリーシティ」をめざしユマニチュードの普及に取り組んでいます。前ページの2家族を救った市民講座も、その一環。さらなるユニークな取り組みとは?

 

対談

いのちと祈りと絵本

柳田邦男(ノンフィクション作家)
美谷島邦子(「8・12連絡会」事務局長) 

亡き人とともに生きる  日航機墜落事故から35年。9歳の子を亡くした母の、それからの道のり。

  • やなぎだくにお
    1936年生まれ。『犠牲─ わが息子・脳死の11日』等で菊池寛賞受賞。日航機墜落事故の発生当時から事故原因を取材、遺族に寄り添い続けてきた。日本航空安全アドバイザリーグループ座長。著書に『空白の天気図』『「死の医学」への序章』『人生の1冊の絵本』ほか多数。
  • みやじまくにこ
    1947年生まれ。1985年8月12日、日航機墜落事故で9歳だった次男の健ちゃんを亡くす。遺族の会「8.12連絡会」事務局長。精神保健福祉士。著書に『御巣鷹山と生きる』ほか。

 

健康特集 

白内障の疑問解決!手術前に知っておくべき基礎知識

ビッセン宮島弘子 東京歯科大学水道橋病院 眼科教授

加齢によって増える目の病気に「白内障」があります。70代以上の大半の方が発症する病気ですが、いつ、どんな治療を受ければよいのでしょうか?病気のこと、手術の方法やタイミングなど、治療を受ける前に知っておくべき最新情報をご紹介します。

ビッセンみやじまひろこ◎慶應義塾大学医学部卒業。研修後、ドイツのボン大学で白内障の新しい手術を学び、慶應義塾大学病院、国立埼玉病院を経て、東京歯科大学市川総合病院に勤務。’00 年に同大学水道橋病院眼科助教授に就任し、’03 年より現職。白内障、屈折矯正手術の第一人者で、海外から最先端の技術をいち早く日本に導入し、普及に貢献している。日本、ドイツの医学博士の学位を取得。

 

目次

生活特集

008

介護も人間関係も楽になる

やさしさを伝える技法ユマニチュード

ユマニチュードの哲学

010 最期までその人らしく生きるために
本田美和子(国立病院機構東京医療センター総合内科医長)

「あなたは大切な存在です」と伝える

012 4つの柱―見る・話す・触れる・立つ

相手とよい関係を結ぶための

016 5つのステップ

家族の声

020 手をつないで信頼を 大津省一さん
022 私が変わり、母が笑顔に 片倉美佐子さん

救急現場にもユマニチュードを

024 認知症フレンドリーシティ 福岡市

認知症 困ったときのヒント

028 何度も同じことをたずねるときは?

 

 

対談

041

いのちと祈りと絵本

柳田邦男 ノンフィクション作家
美谷島邦子 「8・12連絡会」事務局長

 

 

健康特集

075

白内障の疑問解決!
ビッセン宮島弘子 東京歯科大学水道橋病院 眼科教授

076 白内障ってどんな病気?
078 治療法は?
080 知っておきたい!手術の最新情報
082 手術後の注意点は?
083 白内障手術Q&A
084 体験記

 

 

032

旅・もの・出会い

ゆっくり歩く信楽の旅
―滋賀県甲賀市 佐藤徹也

059

料理

ふわふわホカホカ
やさしい口当たりの8つのレシピ 大塚公子

090

東日本大震災から10年

福島、遠い復興への軌道 寺島英弥

 

086

グッズ&アイディア(2)
足元が不安定な時(1)杖の選び方 浜田きよ子

068

読者投稿
誌上展覧会(1)私の古布パッチワーク

006 郷愁 日本のふるさと(6)
奈良県 明日香村 五島健司
052 アート変身しようそうしよう(11)
別の時間、別の空間 成相 肇
057
073
四コマ漫画(6)
番犬ダイダイ 神沢礼江
094 人生百年学ヨタヘロ航海記(28)
公衆トイレに手すりを 樋口恵子
096 Dr.イワタの老い研究(11)
日本語の抑揚 岩田 誠
098 記憶の小舟(11)
母の料理 井坂洋子
100 本と幸せ(6)
室生犀星が観た映画たち 北村 薫
102 あの歌をプレイバック!(18)
木綿のハンカチーフ 本城和治
104 毎日のヨガ(41)
介護に役立つヨガの知恵 セティ秀子

 

 

106 頭の体操をしましょう
108 明日の友歌壇 松坂 弘選
110 明日の友俳壇 黒田杏子選
112 バックナンバーのご案内
113 明日の友アンケート
117 冬至の南瓜をご一緒に
118 読者のたより
121 お知らせ
122 編集後記・次号予告
115 クラウド家計簿「カケイプラス」
116 定期購読のおすすめ

 

編集後記

各地で2回目の緊急事態宣言が。コロナ禍で長引く自粛生活、ユマニチュードの特集が、介護だけでなく日常の助けになることを願います。どうぞお体を大切に、疲れた時は『明日の友』を開いて、国内外にいる読者のお仲間を心の支えになさってください。 
ご好評の「Dr.イワタの老い研究」は最終回。2年間ご寄稿いただいた岩田誠先生に御礼申し上げます。

■明日の友編集部へのメッセージは asunotomo@fujinnotomo.co.jp へお送りください

 

今号の料理

ふわふわホカホカやさしい口当たりの8つのレシピ 大塚公子

寒い寒い日、湯気の立つ一皿は何よりのごちそうです。固いものが食べにくい方にも喜ばれる8品をご紹介します。

  • スフレオムレツ
    「ふんわり」の真骨頂。冷めないうちに召し上がれ!
  • かぶの豆乳スープ
    滋味あふれる優しい味
  • サムゲタン風スープ
    鶏と生姜が芯から体を温めてくれます。
  • 豆腐のはさみ蒸しあんかけ
    ボリュームたっぷり。辛子醤油でもおいしくいただけます。
  • 鰤と豆腐の豆鼓蒸し
    熱々の胡麻油をジュっとかける、その香りも楽しんで。
  • 味噌クリームドリア
    牛乳でつくるのでカロリーダウン。ふっと味噌が香るのが嬉しい和風のドリアです。
  • 雑穀入り芋がゆ
    さつま芋の甘味と塩麹のほのかな塩けがやさしい。
  • 小豆フォンダンショコラ
    ココットの底から出てくるあんが嬉しい。
 

 

年間購読の方へ感謝をこめてプレゼント

定期購読のお申込みはこちらから⇒

関連商品