婦人之友2020年 11月号

表紙:砂糖ゆき
発売日:2020年10月12日
価格:780円(税込)

  • 定期購読 お申し込み
  • バックナンバー
  • 次号予告

←2020年10月号

特集

心も体も軽くなる 歩き方&ほぐし方

春から続く巣ごもり生活で、かたまった体と心、思いっきり伸ばしてみませんか?
「ちょっと体が重い?」「なんとなく気分がもやもや」そんな悩みの解消に、今日からひとつでも実践を!
体も気持ちも、前に進みやすくなります。

 

\ムリなく続ける/燃焼ウォーキングのコツ 前田 透(整体師・骨盤ストレッチ指導)
よい姿勢を意識して歩くだけで、筋肉が活性化され、疲れにくい体に。健康で美しく、気持ちも明るくなる“燃焼ウォーキング”です。

まえだ とおる■アメフト選手の経験から、パーソナルトレーナーとして活動。幅広い年代の健康な体づくりを目指し指導する。
Aoyama Body Care Studio https://maedaseitai.com/

 

親子で体を動かそう! 佐藤弘道(体操のお兄さん)
「大人も子どもも、健康な心と体のためには、運動が欠かせません」。
親子体操の楽しさと大切さを伝える佐藤さんの直伝で、毎日をもっと元気に。

さとうひろみち■NHK「おかあさんといっしょ」10代目体操のお兄さん。弘前大学大学院医学研究科博士課程修了。「親子体操博士」として、全国で指導、普及活動を行う。

 

朝夕のヨガ 1日でも若いうちにヨガを セティ秀子(ヨガ指導者)
やさしい目標でも続けていれば、自分に合った体のサイズを保てるのがヨガの効果です。

 

始めよう! プラスチックフリー・ライフ

みんなで、個人でプラを減らす

新型コロナの影響で生活の仕方も変わるなか、読者のみなさんは、各地でプラスチックフリーの実践を続けています。

  • 生ごみ入れとへちまたわし 高松市 松島仁美
  • ブラジルで風呂敷ワークショップ サンパウロ 花房葉子
  • 綿の食器洗いをお風呂屋さんで 山形市 尾崎梨恵
  • プラごみを量って、お店にも働きかける 松戸友の会 新流山方面
  • 縫い物でプラスチックフリー 東京 楠田史子

 

座談会

猫に学ぶ、ゆったり生活の知恵

優雅で自立していて、しなやかで、とびきり可愛い。知れば、ついついとりこになってしまう猫の魅力。猫と共に暮らす3 人が、自宅からオンラインで語り合いました。画面から「にゃーお」の声も聞こえてきます。

やまぐちのりこさんとクウ(左)、ナミイ

山口規子(写真家)

栃木県生まれ。文藝春秋写真部を経て独立。女性誌や旅雑誌を中心に活動中。「路上の芸人たち」で第16回日本雑誌写真記者会賞受賞。著書『トルタビ』ほか。

かねまきともこさんとふく

金巻とも子(建築士・家庭動物住環境研究家)

東京都生まれ。かねまき・こくぼ空間工房主宰。一級建築士、ペットケア・アドバイザー。行政や獣医師会などに協力。著書『ねこと暮らす家づくり』ほか。

やまなかまさひろさんとウキウキ

山中正大(イラストレーター)

福岡県生まれ。食器メーカー勤務、広告デザイン、陶芸教室講師を経て、イラストレーター、陶芸作家として活動。本誌「悩み研究室」のイラスト担当。

 

つくり手のモノサシ

繊細と大らかと五感がよろこぶ器 大谷哲也さん/桃子さん・陶芸作家

夫婦で陶芸を生業とし、国内外で活動するふたり。暮らしを彩る作品の根っこは、日々を楽しむ姿にありました。

 

『婦人之友』連動企画 大谷哲也・桃子展 2020.11.6~11.8⇒

目次

特集
心も体も軽くなる 歩き方&ほぐし方

012 燃焼ウォーキングのコツ 前田 透
020 親子で体を動かそう! 佐藤弘道
028 「心の換気」も忘れずに 海原純子
029 朝夕のヨガ 1日でも若いうちにヨガを セティ秀子

 

 

座談会

094 猫に学ぶ、ゆったり生活の知恵
山口規子/金巻とも子/山中正大

 

 

080 羽仁もと子著作集 おさなごの如く
084 今日のいのり 小笠原父島からの手紙 笹森田鶴
142 未来の余白から たとえ無力でも 最上敏樹
138 視角 新米の季節に―今、お米と私たちの暮らし 冬木勝仁
008 わたしの・すきな・もの 黄金のアフリカ 福岡伸一
130 隠棲の詩人 エミリ・ディキンスン(下) 苦しみと癒し 大西直樹
072 つくり手のモノサシ 繊細と大らかと五感がよろこぶ器 大谷哲也/桃子(陶芸作家)

 

 

始めよう! プラスチックフリー・ライフ

054 読者の実践 
みんなで、個人でプラを減らす

 

 

118

思春期の悩み相談 回答者・木村泰子
「マルチタスク型でないとダメですか?」

120

コロナ禍で始まった2学期に 木村泰子

 

暮らし

036 つくる手・えらぶ目 家トレの日々 小川奈緒
038 幸せをつくる整理術 服はあるのに、今日着るものがありません 井田典子
040 料理 ウー・ウェンさんの とっておきの炒めもの
049 暮らしの引きだし インスタグラムに夢中です 松場登美
062

みんなの悩み研究室 「落ちこんだ時の心の味方はなんですか?」

066 ルピナス・ヴァレーの庭から 紅葉の美しい時 森本佳代・二太郎
106 家計ルーム 30代、夫婦で奨学金を返しながら前へ
124

健康往来 しなやかに生きるヒントに気づく 「もしバナゲーム」

 
 

読み物

088 こころの深呼吸 白い時間 海原純子
090 Book 沈黙とあわい 若松英輔
092 cinema ひとりじゃないよ 松本侑壬子(最終回)

 

口絵

006 本のある風景 こども本の森 中之島(大阪) 安藤忠雄

 

 

082 自由学園だより
148 生活歌集 選・小島なお
151 生活句集 選・山西雅子
154 友の会ニュース 全国友の会大会
112 家事家計講習会のお知らせ
114 家計簿をつけ通す同盟 2019年の集計
156 f-tomoひろば
137 新刊案内
160 バックナンバー
161 12月号予告
162 編集室日記

 

編集後記

 陽ざしが美しい秋になりました。気をつけながら体も動かし、すっきりしたいと企画した特集。心身の元気がわき上がりますように。
「女と男」をテーマにした松本侑壬子さんの映画評が最終回を迎えました。広い世界で繰り広げられる人間模様や人生の機微、軽快で温かい語りが余韻を残します。18年間の連載に感謝申し上げ、次号対談では映画監督の松井久子さんとともにお話を伺います。どうぞお楽しみに。
 世界の新型コロナの感染者は増え続けています。そんな状況下の生活を、読者の皆さまと一歩ずつ歩みたいと思います。筆者の方々からの言葉をまとめた新刊『コロナと向き合う 私たちはどう生きるか』に、多数のご注文をいただき、ありがとうございます。これからの日々、ぜひお手元に。

■婦人之友編集部へのメッセージは hiroba@fujinnotomo.co.jp へお送りください

 

今月号の料理

ウー・ウェンさんのとっておきの炒めもの
中華の炒めものは、さまざまな調味料を使い、強火で手早くつくる。そんなイメージはありませんか?ウー・ウェンさんのレシピは、味つけもつくり方も驚くほどシンプル。普段の炒めものが、もっとおいしくなる秘訣を教わります。

  • 青椒肉絲
    「絲」という漢字が表すように、材料の切り方は細長く揃えます。牛肉は水分を飛ばすようにしっかり炒めると、少ない調味料でも味がからみます。ピーマンの香りが出たところで火を止め、食感を残しましょう。

  • じゃが芋のシャキシャキ塩炒め
    芋に油がなじんだ頃に酢を加えると、じっくり炒めても、シャキッとした食感に。鍋の中を動かさず、酢の蒸気で蒸すのがコツ。ジューッという蒸気の音が聞こえなくなったら、全体をサッと混ぜます。

  • えびと玉ねぎの醤油炒め
    えびは下ゆですると、炒める時間も短縮でき、ふっくらと仕上がります。紫玉ねぎは「玉」の形を生かして丸のまま切り、見た目もリズミカルに楽しく。

  • ささみとカシューナッツの炒めもの
    ささみと長ねぎは、コロコロとした形に揃えて切ります。良質な油が含まれるカシューナッツは、脂の少ない鶏肉と相性抜群。ささみにしっかりと味をつけるので、長ねぎの味がぐっと活きます。

  • エリンギと椎茸の黒酢炒め
    材料は大きめに切って、歯ごたえを楽しみましょう。黒酢を合わせてコクを出し、きのこの風味をしっかりと味わいます。

撮影:鈴木正美

 

登美さんの暮らしの引きだし

  • かぼちゃとさつま芋の塩きんぴら
    秋が深まると甘さが増す、かぼちゃとさつま芋。素朴な味が引き立ちます。お弁当の一品にも。

写真:根のある暮らし編集室

特集 心も体も軽くなる 歩き方&ほぐし方

  • 秋から冬に、体を温めて ひよこ豆のカリー

 


関連商品