「本当に不自由を感じるちょっと前」がポイント! 橋本麻紀さん流モノの選び方

 

今の自分や家族にとって”便利なもの”とは――。

 

シニア世代の暮らしのアドバイザーとして、様々な“生活の困りごと”に向き合ってきた、橋本麻紀さん(シニアの片づけコンサルタント)。ご自身も60代となり、日々筋力などの低下を感じるといいます。

そんな橋本さんが、“自分にとって便利なもの”を見つけるためにポイントとしていること、そして実際に橋本家で活躍している道具についてうかがいました。

 

【プロフィール】

シニアの片づけコンサルタント・橋本麻紀

はしもとまき家族の介護をきっかけにさまざまな整理収納の技術を学び、シニアの片づけ指南をライフワークに。著書に『60 歳からの笑顔で暮らせる片づけ術』(河出書房新社)など(撮影=米谷 享)。

 

 

自分を助ける道具に出合う、3つのポイント

 

①タイミングは“なんとなく”不便…と思った、その時!

生活に新しいものを導入するなら、実際に体力が落ちた後ではなく、できるだけその前段階に。「持てない、開けられない」ではなく「持ちづらい、開けにくい」と感じ始めたら、ぜひ補助してくれるものや代替のものを探しましょう。自分に合った使い方を考えたり、使い方に慣れておくことで、いざという時に安心できるからです。

 

②自分的「便利ポイント」を整理する

自分が長く使っているモノの、どこが気に入っているのか、なぜ使い続けていたのか、逆にどこに不便を感じたのかを整理してみましょう。選ぶ基準がはっきりし、もっと自分を助けてくれる、新たな“定番”と出合いやすくなります。

 

③「一器多用」と「軽い力」

橋本さんの“ものを選ぶポイント”は「一器多用できる」ことと「軽い力で持てる・使える」ことの2つ。握力が下がって、万一落として危ないものは極力避けたいし、いかに便利でもモノは極力増やしたくない。そこから、ひとつで複数用途を兼ね備えられるものと、軽い力で持てたり開けたりできるものを選んでいます。

 

 

橋本家の台所で活躍中!
ストレスなくラクに使えるオススメグッズ

 

●もてなし鍋 share with Kurihara Harumi

(ゆとりの空間)24cm、約1.2kg、色・マスタード、9,900円

 

軽くて、鍋もの、炒め煮、オーブン料理など万能に使える一器多用の優れもの。色や形がオシャレで、食卓に鍋のまま料理を出しても、違和感がない点もお気に入り(詳しくはこちら)。

 

——-

 

●ゆびさきトング

(オークス)長さ14.7×高さ4.5cm、約60g、1,650円

手になじむ形で、自分の指のような感覚で使える。揚げたてのコロッケをつぶさずに持てたり、薄い肉を一枚ずつ剥がせたり。指先の力が落ちてきた今、とても重宝している(詳しくはこちら)。

 

——-

 

●ゼスターグレーター

(Microplane/池商)全長31.8×幅3.5cm、約92g、3,000円

持ち手が長いため、片手で持って硬いものも力を込めずにおろせる。生姜や柚子、チーズなどを、料理の上に直接振りかけられ、洗いものも減らせる。(詳しくはこちら)。

 

———

 

●ぶんぶんチョッパー5

(K&A)直径12.5×高さ14cm、900ml、1,738円

 

軽くひもを引くだけで、手動であっという間にムラなくみじん切りができる。丸洗いでき、電源いらずでコードが水にぬれる心配もない。夫婦ふたりの暮らしにはもってこい(詳細はこちら)。

 

 

――・――・――・――・――

 

2024年1月発売の「暮らしのお助け道具と知恵130」では、ここで紹介したもののほかにも、橋本さんが同居されていたお義母さまとの暮らしで、本当に役立ったモノや、スマホの便利な活用術、記憶力に自信がなくなっても「日々のうっかり」を減らす工夫など、さまざまなグッズや知恵をたくさん紹介してくださっています。

 

楽しみながら、自分や家族の暮らしをちょっと便利に、快適にしてくれるのが、「お助け道具と知恵」。ここでは紹介しきれない、達人・橋本さんのアドバイスを、ぜひお見逃しなく!

 

無理せず「ラク」を探そう お助け道具の見つけ方

(イラスト=赤池佳江子)

 

別冊明日の友

暮らしのお助け道具と知恵130

暮らしを楽しむ7人と、目利き5人のおすすめする「いちおし道具と知恵」が全部で130点!上手にものに頼りながら、心踊る毎日を過ごすヒントをお届けします。

 
▶詳細・ご購入はこちらから